スピードが父から伝わるメカニズム

 

これまで、遺伝子という言葉を

本ブログでも用いてきましたが、

改めて少し掘り下げて説明すると、

遺伝子とは、

遺伝情報を伝える暗号のテープ(DNA)の中の一部分のことです。

そのテープをいくつかに分けて、

コイルのように束ねたのが染色体です。

染色体は父親と母親から

それぞれ1本ずつ貰った2本がペアになっており、

馬の染色体の本数は32対64本です。

ペアの染色体の同じ位置には、

同じ個所の遺伝に関連する遺伝子が位置しています。

種牡馬や繁殖牝馬はこのペアになった2本の染色体の中身を

偶然のもとにつぎはぎするようにして、

両親の遺伝子入りの混じった1本の染色体を作ります。

64本の染色体から32本の染色体にメッセージを入れたものが

精子または卵子ということになります。

馬はこのようにして自身の遺伝子の半分を子に伝えます。

 

そして、ここからが重要なのですが、

 

ペアになっている2本の染色体を1本にまとめる際のつぎはぎは、

たった1~4ヵ所でしか起こらないのです。

つまり、遺伝子の乗っている染色体は、

細かく分断されて受け渡されるわけではなく、

ある程度まとまったかたちを残してつぎはぎされながら受け渡されるのです。

したがって子供は、

全体として見れば確かに両親から遺伝子を

半分ずつ受け継いでいることになりますが、

スピードに関する遺伝子だけをとってみれば、

その部分だけ丸ごと伝わる可能性も十分あり得ます。

 

最も優れた種牡馬は、

父親から全てのスピード能力を受け継いだ馬になります。

さらに父親もその父親から全てのスピード能力を受け継いでいます」。

このようにして続いている父系こそ、

最も勢いがある父系なのです。

 

もちろんすべての産駒が種牡馬のスピードを

丸ごと受け継げるものではありません。

丸ごと受け継げるのはほとんどの場合

1頭の種牡馬につき数頭です。

それ以外の産駒は父のスピードを

部分的にしか受け取ることができません。

そして、部分的にでも受け取った父親のスピードが、

その馬の競走馬としての限界をおおかた決定します。

 

しかし、競走馬の“強さ”は、

スピードだけで決まるものではありません。

 

レース条件、展開がその馬の資質にピッタリ合致した場合に

最高の強さを発揮します。

それは自らのスピードの上限を発揮できる条件であり、

そうした条件下で発揮されてこそ、

スピードは競走馬のクラスを測るモノサシにもなり得ます。

 

繁殖牝馬が果たす本当の役割

 

 

競馬の本質が厳しい父系の淘汰を通じて最良の遺伝子をつなぎ、

少しずつスピードの限界を更新することにあるとすれば、

繁殖牝馬の役割は基本的にはその中継です。

「最高」の仕事は、

種牡馬が伝えるスピードとそのスケールタイプを、

失うことなく次代に受け渡すことです。

そもそも種牡馬になる馬は時代に伝えるべき能力を秘めており、

母方から何もつけ加えなかったとしても

種牡馬の能力がそのまま産駒に受け継がれれば、

配合としては大成功なのです。

なぜなら、

種牡馬の能力をそのまま受け継ぐことができずに

生まれてくる産駒が大部分だからです。

母方が何かを付け加えることを期待するのは、

次の段階です。

失わずに、

しかもプラスの方向にほんの少し加えることができれば、

産駒は優秀は競走馬になるだけでなく、

種牡馬になることも可能になります。

 

一般にスピードは、

父方から受け取るべきもので、

母方から付け加えられるべきものは

スピード以外のスタミナ・パワーというプラスアルファな部分になります。

それらは、スピードを伝える、

という役割を担う父系から最も失なわれがちな要素です。

母方からスタミナとパワーを補充された父系は、

潤い、完成に近づき、

スピードの限界を追い求めていく過程で再び失い、

それをまた母方が補充する、

ということを繰り返しながらサラブレッドは進化してきました。

これまでの歴史をみると、一目瞭然です。

本当に大事なことなので、

最後にもう一度繰り返しますが、

大きく競走馬のクラス(レベル)を分けるのは、

種牡馬のスピードをどれほど効率的に

受け取っているかなのです。

種牡馬が伝えるスピードを最大限に受け取った馬が最上階馬です。

 

母系に入った父系が与える影響

 

 

1頭の競走馬において、

母父系は第2の父系と考えられます。

同じように母母父系は第3の父系であり、

母母母父系は第4の父系です。

これら母方に入った2番手、3番手の父系は

母方の中でも影響が強く、

それらが伝えるスケールタイプは、

競走馬を形作る際に影響が自動的に大きくなります。

このことは非常に重要です。

 

母父は競走馬ではなく、

競走馬の母を作るための存在なのです。

 

優れた種牡馬がそのまま母父である場合もありますが、

優れた種牡馬だからといって全てが母父としての資格に優れているとは限りません。

逆に、

種牡馬としてはそれほど優れていなくても、

母父として圧倒的に優れている存在もある。

近年だと、3冠馬オルフェーヴルの母父となったメジロマックイーンが良い例です。

 

基本パターンの配合

 

 

母父に求められるのは

競走馬を作る資質ではなく、

むしろ優れた繁殖牝馬を作る資質であることを書きました。

だったら、

繁殖牝馬にそのような資質を与えられることが、

優れた母父の条件です。

つまり、

母父には強烈なスピードはむしろ不要で、

スタミナ、パワーのそれぞれの質・量、

それらを統合したかたちのスケールを

「失っていない」ことが求められます。

したがって、

よほど父方にスピードが不足しているような場合を除いて、

スピードタイプの父に合わせるにしても、

万能型が最も優れ、

それに続くのがステイヤータイプやパワー型ということになります。

このように、

種牡馬よりも母父に距離適性の幅広い、

スケールの大きな種牡馬がいる配合を基本パターンの配合とここで呼びます。

母父に入る種牡馬のスケールは大きければ

大きいほど良いです。

なぜなら、

母父に入った種牡馬のスケールが、

ほとんどの場合競走馬のレベルを決定することになるからです。

このことは非常に重要です。

種牡馬として失敗に終わった多くのビッグネームが、

母父としての抜群の性能を示す理由はここにあります。

 

逆パターンの配合

 

 

クラシック戦線で注目を集めながら、

結局は脇役で終わる馬というのは多いですが、

質はそうした馬の母父はスプリンター、

マイラーであることが多い。

このように、

配合の基本パターンに対して、

父より距離適性が短いスプリンターまたはマイラーを

母父に配することを逆パターンと呼びます。

中距離馬、またはステイヤーに分類される種牡馬に対して母方からスピードを補強しようと、

逆パターンの配合は非常によく行われていますが、

逆パターンの配合で生まれた馬が競走馬として大成すること、

クラシック3冠を勝つ確率は、

基本パターンの配合の馬よりもかなり低くなります。

 

 

さて、これまで3日間に分けてサラブレッドの血統の基本的なお話をしてきましたが、

いよいよ次回の記事で今年のダービーに出走する馬の予想を兼ねて具体的にお話します。

 

 

 

最後に、競馬を楽しみながら、勝つことは可能です。

ご紹介します。

▼ 競馬で儲けるには必読の予想▼

◎直近30日間の回収率がなんと……1,509%

グレードモモ
 

 

◎2019年の回収率が何と……270%の大幅黒字

常勝馬券プロジェクト