ジャスタウェイ産駒、変わらず好調!

 

先日、好スタートをきった新種牡馬ジャスタウェイについての飛躍の可能性をお伝えしました。

こちらの期待通りに勢いそのままに産駒たちが活躍しています。

昨日(8/4)の2歳オープンレースのダリア賞をアウィルアウェイ号が完勝。


最後も余裕ありそうな走りで、今後も楽しみな1頭です。

さらに本日(8/5)小倉競馬場での新馬戦を同産駒のヴェロックス号が圧勝しました。2着に8馬身差の強い内容。

同産駒の入着率が高いことを前回の記事で解説しましたが、本当に面白い次世代のエース候補の種牡馬が出てきたと思っています。

初年度産駒が早い時期からコンスタントにデビューでき、これだけ安定した成績を出しているのはかなりのポテンシャルを感じさせてくれます。

ディープインパクト、キングカメハメハの2大種牡馬も年齢を重ねてきているため、ロードカナロアを含め、次世代の種牡馬時代が徐々に訪れてきていることを感じさせます。

また、もう1頭の種牡馬について先日紹介していました。

今年2歳馬が好調なヴィクトワールピサです。

早速、今週も新潟競馬場の新馬戦で産駒のサムシングジャスト号が勝ちました。

個人的に、注目して記事に取りあげた直後に産駒が走ってくれることは嬉しいですし、

これから本領発揮してくる可能性は十分にあると思っています!