持久力と瞬発力、そしてスタミナが必要とされる

 

今週はオークス、来週はダービーが行われます。

ホースマンにとっては特別ワクワクする時期です。

舞台の東京芝2400mはジャパンカップも含め、国内最高峰のGIレースが競われます。

コースの特徴として以下が挙げられます。

 

・スタートから正面スタンド前で1コーナーまでの距離が長い

→そこまで枠順の有利不利はない。

・最後の直線が長いため、上級レースになればなるほど逃げ、先行馬の押し切りは難しい

・厳しい流れになりがちなGⅠでは持久力と瞬発力を兼ね備えた末脚、スタミナが求められる。

・ただし、馬場が悪化した場合は逃げ、先行馬が強い

 

2000mを走り、直線特に最後の400mを走りきるには、

上級のレースほど上述した「持久力」「末脚」「スタミナ」の3点を兼ね備えた馬が好パフォーマンスを示します。

武豊騎手が社台スタリオンステーションの種牡馬展示会の場で、

キタサンブラックについて語った以下の言葉は、

いかに全て兼ね備えている馬が少ないかを物語っています。

 

『スピードとスタミナ、この2つだけにおいても申し分ないくらい兼ね備えている馬は本当に少ない。』

 

実際に多くの名馬に乗ってきた騎手がおっしゃることなので、言葉の通り、

これらの能力が長けている馬がビッグレースで結果を残します。

 

東京芝2400mに好適性を示す2頭の種牡馬

 

 

最初に言ってしまうと…

ディープインパクトハーツクライ

それぞれオークスにはディープ産駒が5頭、ハーツ産駒が2頭出走を予定しています。

 

ディープインパクト自身の軽さと筋力、心肺機能を伝える

 

 

ディープ産駒はオークス3勝、2着3回を抜群の成績を残しており、

ハーツクライ産駒もまたオークス1勝、3着1回の他、

ダービー3連対、ジャパンカップ2連対の成績をここまで残しています。

 

良馬は同じサンデー系の種牡馬でも異なる特徴をそれぞれ産駒に伝えています。

ディープインパクトは他よりも圧倒的に優れた心肺機能、そして筋力の強さを産駒に素直に伝えており、

産駒は決して馬格が大きくなくても、むしろ大きくない方がこの特徴が活きるのでしょう、

その特徴をもった産駒が好成績をあげています。

特に牝馬では顕著です。

過去のオークスで連対したディープ産駒は、

6頭全てが「前走1着か2着」です。

今回これに該当するのはフラワーCを勝って挑むコントラチェック

トライアルのスイートピーS勝ち馬のカレンブーケドール

忘れな草賞勝ちのラヴズオンリーユーの3頭であり、

桜花賞組にも負けないあっと驚くパフォーマンスを見せてくれるかもしれません。

 

まるでチーター走法のハーツクライ

 

GⅠレースでのディープ産駒の強さは皆さんご存知かと思いますが、

この舞台ではハーツクライも負けていません。

先日、NHKマイルCの前にも産駒カテドラルの激走の可能性を取り上げましたが(結果3着で穴をあけた)、

最も得意とする舞台はここであり、3歳春からとくに成長力に長ける産駒が多いことも後押ししています。

産駒はディープと異なり、一瞬の切れ足(瞬発力)を発揮するタイプは少ないのですが、

堅実に長く良い脚を発揮します。

一度スピードが上がってからブレーキがかからないレースができるのが理想です。

最後の直線が長く、コースの幅が広くて他の競馬場に比べてスムーズに走ることができるこの舞台に強いことが頷けます。

そして馬体の話をすると、

前肢の可動域が広く、ハーツ自身もそうだったのですが、

前肢のストライドが大きいことが強みです。

腰と後肢から繰り出されるパワーをしっかりと前に推進させる能力があるのです。

成長とともに能力を発揮する産駒が多いのは、腰の力強さが徐々についてくるからです。

1歳時点の馬体のコンフォメーションから、本産駒のこの特徴を見極めるには、

見るべきポイントがあります。

下の記事をご覧ください。

これまでに解説した内容を読んでいただけるとこの部分の理想のコンフォメーションがわかると思いますし、

本産駒の活躍馬はこの特徴を兼ね備えているので、

買う際はしっかりチェックしておくべきです。

 

 

(参考記事はこちら→首と肩の関係

 

記事の中でも解説していますが、

本産駒でクラシックディスタンスを走る馬を探すのであれば、

「肩が寝ている」馬を選びましょう。

そして、歩くときに前肢の出が良い馬かどうかも要チェックです。

出が良い馬ほど産駒は走る傾向にあります。

 

さて、今回のオークスではシャドウディーヴァが本産駒らしいジリ脚の中長距離型と見ています。

母は芝1800mのGIで2着の成績があり、

ハーツクライ×ダンシリの配合は、

NHKマイルC3着のカテドラル、

そして、14年のオークスを制したヌーヴォレコルトも母系にダンジグを持つハーツ産駒だったことからも、

後押しすると見ています。