13頭立てと久しぶりに頭数が落ち着いた平成最後の天皇賞。

面白いメンバーが揃いました。

そして、頭数が少なければ配当が堅いとは言い切れないので、馬券も大いに楽しみです。

◎は⑦アルアイン

調教で全身の連動したリズミカルな動きが目にとまりました。

2000mという距離を考えると、最も自らの力を発揮そうなのが本馬です。

昨年の皐月賞も同じ距離で強い勝ち方をしました。

レースの展開を予想すると、ペースが速くなることが考えにくく、

道中スローペースになる可能性があります。

本日東京競馬場で行われた2歳重賞のアルテミスステークスでもシェーングランツが勝ったように、

現代の日本競馬でディープインパクト産駒ほど瞬発力ある馬はいません。

スローペースからの最後の直線、瞬発力勝負になった時に抜けてくる姿が想像できます。

馬体構造、調子、血統背景からも本馬を推奨します。

〇は⑤スワーヴリチャード

充実期を迎えています。

個人的に2200m以上が本馬にとっては適正な距離と思っていましたが、

春の安田記念でスピードがあることも証明され、今回に必ず活きるでしょう。

先週の菊花賞で相当悔しがっていたらしいデムーロ騎手の奮起も不気味です。

久々ということもあり、印は対抗にしました。

▲は⑨サングレーザー

高メンバーの札幌記念を快勝。

何より勢いがあります。

アルアイン同様ディープ産駒ですが、本馬はまだ底を見せていない感があり、東京でどのような走りをみせてくれるか楽しみにしています。

単穴☆は③ヴィブロス

「牡馬相手、そして強い相手ほど走る」印象があります。

東京で結果を出している兄姉からも軽視できません。

以下△は④レイデオロ⑥マカヒキ⑩キセキ⑪ミッキーロケット

①ステファノスの気になりますが点数が多くなってしまうので切りました。

馬券は3連複で、⑦1頭軸で⑤⑨③④⑥⑩⑪の21点です。

 

秋華賞、菊花賞とここまでの2連敗を取り返したいです!