20年以上も競馬を見ている私にとって有馬記念がその年の中央競馬のラスト…という感覚がまだ抜け切れていませんが、

今週も将来楽しみな若馬たちが熱戦を繰り広げます。

有馬記念に引き続き、このレースもしっかり当てて、良い年にしたいところです。

朝日杯フューチュリティSと距離が異なり、

こちらの方が春のクラシック第一弾・皐月賞に直結するレースに将来的になるのではないかと感じています。

朝日杯に比べて距離が長いのはもちろんですが、

暮れのこの時期の馬場は粗くなり、距離以上のスタミナと根性が必要になるタフなレースになります。

先週の有馬記念も何度も見る限り、

外でスムーズに競馬をできた馬達が上位を占めていました。

現時点の2歳馬において、スピードのみで押し切ることは難しく、

各々の馬の本質が問われそうです。

本命◎は⑤サートゥルナーリア

ここまでのレースは着差こそ派手さはないですが、しっかりと勝ち切り無理をしてきていない印象があります。

ここで全てを発揮するため…と陣営が考えているのではないかと勝手に想像しています。

追切も抜群で、レースで見せている以上の能力があるのではないかとその可能性にかけます。

対抗〇は⑪ヴァンドギャルド

瞬発力ならこの馬。コーナーから勢いに乗り、鞍上C・デムーロの剛腕で突っ込んでくる姿を想像しています。

前記の通り、外枠というのもプラス材料です。

▲は⑧アドマイヤジャスタ

今年2歳戦がスタートするやいなや、産駒が怒涛の活躍を見せたジャスタウェイ。

本馬は、この世代の代表格です。

厩舎関係者が、「1戦1戦の成長がすごい。」と語るように、強い勝ち方をした前走よりさらにパワーアップして挑んでくるでしょう。

単穴☆は②ブレイキングドーン

デビュー戦の阪神1800mには素質馬が揃っており、そこを勝ち上がってきた能力は確かなものと感じています。

上記のアドマイヤジャスタをもその新馬戦で退けています。

以下、今時期の馬場でこそ「血」の威力を発揮しそうな⑬コスモカレンドゥラ

①ニシノデイジー③キングリスティア⑦ミッキーブラックをおさえます。

3連複で⑤1頭軸で⑪⑧②⑬①③⑦の21点で勝負します!

 

馬が大好きな方・・・ずーっとそばに置きたくなるアイテム満載です。
ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き