実績No.1のゴールドドリームが回避し、陣営の思惑・作戦が変わりそうなチャンピオンズカップ。

1着賞金1億円の破格のレースに外国馬1頭参戦の15頭で行われます。

早速ですが、

このレースのコースである中京1800mは、予想を行う上でキーポイントになるでしょう。

圧倒的に先行馬有利(極端なハイペースにならない場合)なのです。

先日、南関東へ移籍したサウンドトゥルーが全盛期だった頃も、

自分の競馬に徹して追い込みに掛けましたが…届かず…。

力のある馬でも自在性がなければ、なかなか難しいと思い知らされた経験があります。

さて、本命◎は⑪オメガパフュームです。

馬体重は春からほとんど変わっていませんが、外見のボリュームは増している印象で、

3歳馬らしくしっかりと身が入ってきた証拠でしょう。

調教の様子からも、ここを目標に順調に調整できてそうですし、陣営の言葉から、

「前走よりもさらに良い。」とあったのは心強いです。

力が拮抗している中で勝つには、そのレースの時に自身の調子が一番であることが大前提です。

同じ3歳馬のルヴァンスレーヴの方が人気になると思いますが、

ここ6走が①③①②①②と来ているように抜群の安定感があります。

さらに①着の順番に注目すると…今回勝つ順番です(笑)

好位からレースをできるのも強みです。

対抗〇は、⑧ケイティブレイブ

長く一線級で活躍しており、経験十分。

このコースでも走っており、近6走で手綱をとる福永騎手はこの馬でいろんな位置からレースをしています。

その経験が必ず活きるとよみました。

坂路での調教も良かったです。

▲は、⑦サンライズノヴァ

追い込み脚質のため、3番手に評価を下げました。

実は、前走で前目からの競馬を試すのではないかと予想していました。

もし、負けたとしても本番の今回は本命にしようと思っていましたが、

結果はこの馬のレースに徹したものでした。

前記した通り、能力が高くても、最後に届くか未知数…。

ただし、調教の動きも良く、もしかしたら…はあるかもしれません。

☆は、⑨サンライズソア

このコースで最も適性がありそうと感じているのがこの馬です。

前走のJBCクラシックのようなプレッシャーはかからないはず。

ハナをきって、スイスイと気持ちよく走れたら、この馬のレースになる可能性も十分です。

鞍上・Jモレイラもなんとも不気味ですね。

その他では、外国馬③パヴェル②ルヴァンスレーヴ⑤ノンコ⑮インカンテーションをおさえます。

3連複で⑪1頭軸で、⑧⑦⑨③②⑤⑮の21点で勝負します!

ここまで2連勝ときているので、勢いのって3連勝といきたいところです。