しばらく更新できてないうちに、なんと2018年もあっという間に暮れになってしまいました。

秋のG1シリーズからスタートした本企画も本年残すところ2レースです。

出資金をドンと稼いで、一口出資に繋げようと考えていますが、

ここまで7戦3勝と、「良い」とは言えない内容…。

残り2つでしっかりと結果を出したいところです。

さて、今回の有馬記念は話題のオジュウチョウサンの出走を含め、

これぞグランプリレース!と言える個性溢れるメンバーが揃ったのではないでしょうか。

個人的には、道営競馬出身のハッピーグリン(前走ジャパンカップ7着)が出走できていれば、

馬券的にも日本の競馬がさらに盛り上がったのではないかと感じています。

胆振東部地震の際に、馬産地は大きなダメージを負いました。

水も出ず、普通の生活が難しい時期があったので、

もし出走できていれば、現地で生きる人間の希望にもなったはずです。

ただし、そこは実力と国民の評価で成り立つグランプリレース。

出走16頭に敬意をはらって予想します!

 

断然人気なのはわかっていますが、やはり馬券を買ううえで一番信頼できるのは…

⑫レイデオロです。

ジャパンカップに出ずに、間隔を開けてここにしっかり標準を合わせてきた印象です。

もし、ジャパンカップに出ていたら、歴史的なレースになっていたことが想像できますが、

相当反動も大きかったはず…。

外枠ですが、今年ノッテいるルメール騎手がしっかりとさばいてくれるはずです。

対抗〇は、⑤パフォーマプロミス

身体のコンフォメーション、そして血統からしてもこの舞台がベストだと考えます。

前走も着差以上に強く(余裕がありました)、今週の追切も抜群。

本命馬にアッと言わせる可能性があるのはこの馬です。

▲は、⑦キセキ

今回は枠順からしてスタートが全てなので、3番手に評価下げました。

今年の日経賞でこのコース・距離を経験していますが、

なんとその時に…出遅れたうえに途中で先頭に立つ競馬(ルメール騎乗)を試み、

9着に負けた過去があります。

この秋は、逃げて自分でレースを作っていますから、

同じようにスタートをしっかりきめて、前でレースを進められれば、

長いスパートで押し切るレースもできるかもしれません。

一発が期待できるのが、☆③モズカッチャン

昨年のエリザベス女王杯から勝利はありませんが、牡馬相手でも通用するレースをこの1年見せています。

今週の調教も抜群の動きを見せています。

2週連続G1勝中のデムーロ騎手がどんな作戦を立てているのか気になるところです。

以下、②クリンチャー⑧ブラストワンピース⑩ミッキースワロー⑮シュヴァルグランをおさえます。

3連複で⑫1頭軸で⑤⑦③②⑧⑩⑮の21点で勝負します!

 

 

馬が大好きな方・・・ずーっとそばに置きたくなるアイテム満載です。
ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き