馬は顔重視!!美男美女を探す!!

 

顔には能力・資質とともに、精神面も反映されるので、注目する必要があります。

先日、ワグネリアンで通算4度目のダービーを制した金子真人オーナーが、顔を重視して馬選びをすることは有名な逸話です。

それほど、顔は馬を評価するときに大事なパーツです。

 

ポイント

・顔は大きすぎないこと

・上品さと利口さが表れているのが良い

 

馬体全体のバランスとして顔を見る場合には、大きすぎないことが大切です。

競馬では、瞬時に方向転換の必要な瞬間がありますが、その時に頭と首が身体とのバランスをとります。

大きく重い頭と長い首を持つ馬は、全身とのバランスが良くなく、俊敏性に乏しく、適度な顔と首をもつ馬よりも操縦性が良くないと言われています。

ただし、全身そして首の大きさに対して明らかに小さすぎる顔も好ましくありません。

精密な動きが必要になった時に、軽くて跳ね返りやすくなり、無駄な動きをして俊敏性を失うこともあると言われています。

また、横から見た時に、キレイな顔(上品さがある)かどうかもとても大切なことです。

活躍した馬、例えば、種牡馬の顔写真を見てください。ほとんどの馬が、凛々しくきれいな顔をしています。

生産牧場で仕事をしていると、引退した牝馬が帰ってきますが、成績を残して活躍した馬は、顔がやはり良く、瞳も黒くて非常に集中力溢れる顔つきをしています。

以下の3頭の1歳馬の写真を見比べて下さい。

この3頭の中で、どの馬が良く見えますか?最も品のある顔はどれでしょうか?

③の馬がそうです!顔だけ見たら、私はこの馬を選びます。

凛々しく、真ん丸な大きい黒目も良い印象を持ちます。いかにも集中力がありそうです。

現に、どれだけ全身のコンフォメーションが素晴らしくても、顔が良くなければ私はその馬を買うことはありません。

実際に、③の馬は、30戦以上も走り、生涯獲得賞金は1億円を優に超えています。

正面から顔を見ると余計顔立ちははっきりわかりますが、ご覧と通り横からでも十分わかります。

馬を選ぶ時に、是非注目してみてください!