ロードカナロアの成長過程、そして特徴を知る唯一の牧場

 

ここ数年、活躍馬を送り出し、とても勢いを感じるのが、

ヤナガワ牧場とロードサラブレッドオーナーズの生産・育成拠点のケイアイファームです。

前者はキタサンブラッグをはじめ、先週の武蔵野Sを勝ったサンライズノヴァ等、毎年重賞勝ち馬を送り出しています。

後者は種牡馬として好スタートをきったロードカナロアの生産牧場としてのイメージが強いと思いますが、

昨年の2歳チャンピオンであるダノンプレミアムを含め、エンジェルフェイス(クイーンC)、種牡馬ダノンバラード(AJCC)を近年送り出しています。

また、昨年の米国でのセールにて、ブリーダーズカップ勝ちのある牝馬を300万ドル(当時のレートで日本円で3億円以上)で落札するなど、

血統の更新にも抜かりなく、今後どんな競走馬が本牧場から誕生するのか……期待している競馬ファンは少なくないのではないでしょうか。

さて、そのロードサラブレッドオーナーズの2018年度募集馬が発表されました。

待ちに待っていた瞬間。

早速、全頭見ました。

なんといってもロードカナロアの成長過程を唯一知っている牧場であり、初年度からラインナップ産駒9頭中7頭が勝ち上がるというさすがのアベレージをたたき出しており、

一口馬主として本馬の産駒を託すには信頼できるクラブというのは間違いないです。

本馬の産駒の中で、前駆と後躯のバランスが理想的で全身のコンフォメーションを含めて魅力的な1頭を発見。

また、本年のサマーセールにて現地で気になっていた馬も募集されており、他にも良さそうな馬が1頭。

楽しみが増えますね。

ただし、その中でどの馬に出資するのかはギリギリまで悩みそうです(笑)