なんの先入観なく馬体チェックに集中

 

シルクホースクラブから2018年度募集馬についてのカタログが届きました。

ここ数年、勢い感じるクラブです。

現3歳世代においても、牝馬2冠馬アーモンドアイを筆頭にブラストワンピース、プリモシーンなどの活躍馬が出ています。

早速、馬体以外何も目に入らないように加工し、全頭チェックしました。

集中して1頭1頭身体をなめるように見るため、何頭募集されているのかも頭に入っていません(笑)

毎回、初めてのカタログを見る時に思いますが、同じ身体をした馬は1頭もいませんよね。

それでも、それぞれの特徴はしっかり見え隠れしているものです。

横のアングルのみですが、自分の中では2頭、魅力的な馬がいます。

どんな風に成長し、どんな競走馬になるのか考えながら、出資しようか迷う時間も楽しみです。

がしかし…光る原石はいろいろなところに転がっている可能性があります。

それを見つけ出すのは自分自身の行動です。

他クラブの募集馬も見るのが楽しみです。