1歳時点から変わらないポイントから資質を見抜く

 

前回2回にわたって、POGの話題である2歳馬についてお話しました。

 

【指名馬公開】優駿POGグランプリ2019-2020参加 ~前編~

【指名馬公開】優駿POGグランプリ2019-2020参加 ~後編~

 

 

本ブログでは基本的に1歳時点での馬の評価法をお伝えしているので、

いきなり2歳馬を見て、

同じパーツを同じように評価しても良いのか、

はたまた1つ歳を重ねると違う視点で見るべきポイントがあるのかなど、

いろいろ疑問を持った方がいたかもしれません。

ズバリ結論を言うと、

違う視点で評価することはしなくて良いです。

成長著しく馬体が変化している時期なので、

筋肉が引き締まっている部分が見られたり、

逆にパワーアップしてボリュームが増している部分もあります。

ですので、そこからアスリートとしての資質を評価するのは簡単なことではありません。

 

むしろ、1歳時点から変わらないポイントがありますので、

そこで本馬の長所となるか短所になるのか考えれば良いです。

 

 

ポイント

・顔、首の形

・肩の角度、首と肩の関係

・肢の構造(前膝の健全性など)

 

これまでにコンフォメーションについて解説してきましたが、

上記のポイントは2歳になっても変わりません。

馬体全体の筋肉の量により立派に見えたりすることもありますが、

基本的にはコンフォメーションが幹となり、

そこに筋肉が付随してきます。

1歳時点での馬体の根幹は将来も変わらず本馬の能力に関わっています。

今一度、過去の記事を読んでいただき、

頭の中を整理していただければ、

2歳馬を評価するときに非常に役立つと思います。

 

当時のカタログ写真と2歳になった姿を見比べる

 

昨年の一口馬主募集馬のカタログを持っている方は、

現在市販されているPOG特集の雑誌に載っている各馬の馬体を見比べてみるのも勉強になります。

私が今回お話したことがわかると思いますので、

是非やってみてください。

 

丸ごとPOG2019~2020 (週刊Gallop臨時増刊)

 

 

最後に、競馬を楽しみながら、勝つことは可能です。

ご紹介します。

▼競馬で儲けるには必読の予想▼

◎直近30日間回収率が541%!!

PAC-3(target:重賞レース)